選ばれるタクシーの秘密

タクシーの情報が満載!

タクシー運転手になるための資格

タクシー運転手になるための資格 タクシー運転手に必ず必要になるのが「普通第二種免」です。
タクシー運転手の仕事は、お客さんを安全に目的地まで届けるという役割があります。普通第二種免は「旅客運送」を行うために必ず必要になり、タクシー運転手になるならば必ず取得しなければなりません。従って、求人では普通第二種免を所持していることを応募条件にしていることがあるでしょう。しかし、普通第二種免を持っていなくても雇い入れる側のタクシー会社が合宿制度を設けたり、免許取得費用を負担したりして免許を取得するための援助をしてくれるケースも少なくありません。資格をまだ持っていない場合は、会社に費用を負担してもらえるのは非常にありがたい支援制度です。求人に応募する際は、事前に募集要項や求人票の必要条件欄などを必ず確認しておきましょう。また、都会に位置する一部の地域では、普通第二種免の他に地理試験の受験と合格が義務化されているので覚えておきましょう。

二種免許はタクシー会社による

二種免許はタクシー会社による タクシー会社に就職する際に、業務上必須であるといった理由から普通二種免許を取得する必要があると考える人は少なくありません。しかし、普通二種の取得は即戦力としてタクシー会社での勤務をスタートさせたい場合は有利に働きますが、会社によっては普通一種免許さえ持っていれば問題ない場合が多いので、二種免許がなくても心配はいりません。
もし、普通二種を持っていない状態でタクシー会社に入社した場合は、その後始まる研修の一環で免許の取得を目指すことになります。一種免許をとったときと同じようにお金を支払って教習所に入校することになりますが、多くのタクシー会社で教習費用の多くの部分を負担してくれるため、事前に取得する場合より金銭面ではずっと楽です。教習コースについても合宿コースが指定されることがほとんどで、しっかりと集中して取り組めば2週間程度で教習所を卒業し、運転免許試験場での学科試験に臨むことができるでしょう。